言葉のような音色。

UTAUの音源やボカロの話を中心に色々ごちゃまぜ。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト UTAU式人力 > 発音が無ければ作ればいいじゃないの話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発音が無ければ作ればいいじゃないの話

調声晒しの方
人力はほぼ刀剣から入ったみたいな感じなので、
(何に関してでも)ご指摘などあればいただけますと幸いです。


UTAU式人力です。
個人的に超便利!って思ってる調声方法なので色々まとめてみました。
人力に限らず、ノイズが入っていて歌わせにくい音源・音数の少ない音源・原音の短い音源を歌わせる時にも使えるので個人的におすすめです。無理矢理歌わせてる気分もがっつり味わえて、大変良いです。


まず
母音 とは ローマ字入力するときの a i u e o + nn
子音 とは 母音 以外
です。大体。

▼子音の話
子音と一口に言っても、有声子音(n,m,y,w,r)と無声子音(k,t,p,s,h)があります※超絶ざっくりした分類
有声子音は「声が有る子音」という事なので、声質の影響が大きい部分です。
なので、今回は母音同士を繋ぐことで有声子音にしました。
(動画内では書きかえてなかったり上手くクロスフェードできてない所が多々あります…)

n = ナ行  ん+母音
y = ヤ行  い+母音
w = ワ   う+あ

マ行も、マ行として聞き取れるなら「ん+母音」でもいけます。
r = ラ行 は少し特殊なので母音で代用はほぼできないです。
ラ行が巻き舌のようになる場合は、子音速度を変えたりエンベロープをなんとなく倒したり下げたりするとそれっぽくなったりします。

無声子音も、基本的に一つ子音(できればイ段以外)があればわりと何とかなります。
できればイ段にはイ段の子音を使う方がそれっぽいです(特にs = サ行)。
試してはないんですが、BREで無声化できるので 発声次第ではハ行は母音のBRE100で作れそうです。
 追記:BREで無声化して子音になりました万歳!!!resamplerありがとうございます!!
 なるべく吐息成分の多そうな母音を選択するのが良いかと思います。


▼便利かもしれない余談1
入力した歌詞を下に書き出した時に使った便利機能についてですが、
音符の選択範囲を取ってコピー → Lyric欄に張り付け
とすると歌詞をテキストとして書き出す事が出来ます。
ついでにLyric欄でダブルクリックすると、文字が全て選択された状態の小窓が開くので便利です。


▼便利かもしれない余談2
メインの調声後にハモりの音程に変更する事で同じ音の動きでハモりを作っています。
zikantansyuku.png
サビのハモり2が大体一定の音程をしているので、選択範囲を取ってC4に一括で移動した後に、音程の違う部分だけ上げ下げしています。音符いくつかずつ選択して上げ下げするより断然楽です。時間短縮大事。
もっと便利な方法あったら是非教えて下さい…


追記は人力についての話が主です。

以下の説明の新しくて長いバージョン→『発音を作りながら調声する話

単独音の原音設定ができる前提なので、いつか昔に書いた単独音の原音設定講座も参考になれば。
あんまり分かりやすく書けてなさそうですが…。


▼原音設定の話
今回、原音設定は使う音のみ原音設定しながら歌わせていました。
以前にLamb.(ふたりで交互に)と威風堂々(なきぎつねメインで)の最初少しだけ試しに歌わせた事があったので大体の原音設定はできていました。
なきぎつねはロングトーン用の短い原音設定を追加したくらいです。キツネの新しい原音設定箇所も3箇所くらいでした。

自分が音源を作った手順に関して
1.録音した台詞に全て平仮名でタイトルを付ける
2.連続音音源oto.ini生成ツール「rengen」に適当な短い数値でつっこむ
  (良い数値でなければoto.iniを削除してやり直せば良いので楽)
3.メモ帳で開き、置換機能で「a 」など連続音の部分を空白に置換
4.「setParam」で開き、先行発声・オーバーラップを 0 に、子音部を 5 にします。
  (自分はミスで子音部を0にしてしまったので開く度警告が出ますが、それでも使えます)
以上です。
他の方がどうなさってるのかは知らないので、もっと良い方法あるかもしれないです。

連続音形式で重複した部分の数字が沢山被ってきますが、とりあえずエイリアスが一括でふれればもう何も気にするまい、みたいな凄くざっくりしたやり方です。配布する音源なわけじゃないので、自分さえ分かれば整える必要はないです。
あとはこんな感じです。
gennonsettei.png
単独音ずつ切り出すと間違えて発音ごと切る可能性があるので、原音設定で切り出しています。
あとは、原音設定して再生してみて、気に入る発音で歌ってくれるようにエイリアスの番号を適当に変えるだけです。


▼切り出し範囲の話
こんな感じでした
i1.png
i2.png


▼歌詞を変換する話
ワンフレーズずつ再生してみて、キツネの声になっている部分をぎゅっと縮めて、休符に母音を入力します。そのまま再生するとmod100でかわいい事になってしまいますので、複数選択のプロパティでmod0にしてあげます。
あとは母音をクロスフェードすればなきぎつねが歌っているように聞こえます。
「ベタ打ち支援プラグイン」のぼいんぼいん(確か)が自動でしてくれたずなので、プラグインが使える場合は使うと楽かもしれません。


▼子音を揃える話
なきぎつねにキツネの子音を混ぜているので、(※超個人的に)なきぎつねらしくない子音になる場合があるなーと思いました。
特に、なきぎつねの「きょ」の発音に対して、キツネの「き」の音が気になったのでそこをメインに。声の低い子は発音が長くて吐息成分が多く、声の高い子は発音が短くて弾くように鋭いイメージがあります。
なので、発音を揃えるためにいくつか子音をのばしています。
kiiii.png
子音速度を遅く、BREを高めに。
動画では、このあたりの方針は途中でじわ~っと変えていったりしたので前半の発音が安定していません…。
でも選ぶ発音と好みの問題かなと思うので気にならなかったら問題無さそうです。


▼クロスフェードの話
boinketugou.png
この曲は、基本的には 幅(オーバーラップ) 40・開始(先行発声) -20 でクロスフェードしていました。
キツネの声が強くきこえる場合は、音符のプロパティでオーバーラップを下げました。
対象の発音に「R」を含めると、語尾を自動で弱めてくれます。

母音同士を滑らかに繋ぎたいときには 幅(オーバーラップ) 100・開始(先行発声) -50 でクロスフェードしています。母音は発音の移動が滑らかな方が結構それっぽい箇所は多いです。
音がぶれて聞こえる事がありますが、何度かクロスフェード最適化をするとなおります。
音量に段差を感じる時には、耳でさぐりつつどちらかの発音の音量を上げ下げしてみると滑らかに繋がるようになります。


▼冒頭の発音の話
無理矢理切り出しているため、冒頭の発音ではない場合があります。
そうすると、アタックの強い歌い方になってしまいます。なので、
boutou.png
このように冒頭のエンベロープを倒し気味にします。
発音が遅れて聞こえる場合には、先行発声を5ほど追加すると良い感じになります。



以上、大体こんな感じでした!
何か調声の手助けになれば幸いです。UTAU楽しい!
持っている技術は惜しまず出していくスタンスなので、何かあればいつでもお声がけください。
ちゃんと切り出してる人達の謎の技術知りたいので調声晒しをもっと見たいです…
スポンサーサイト

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © 黒河スオウ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。