言葉のような音色。

UTAUの音源やボカロの話を中心に色々ごちゃまぜ。

Home > 2015年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喉が焼けて掠れるまで

銀色の狐

UTAU式人力です。
今回はちゃんとなきぎつねの子音で歌ってもらいました。キツネのお手伝いはなかなかチートすぎるねっていうのは思ってましたが息は結局お手伝いいただきました。
予約投稿にしてチェックしよう!と思って間違えて普通に投稿してしまったのでとても面白い日本語の部分があります…

やってる事は前回のキツネに手伝ってもらった方と変わらないのですが、多分こっちの方が音素の本当に少ない子を歌わせるのには正しいというか現実的というかなので、カテゴリはこちらに。カテゴリ統一しました。
人間っぽさを追求したいわけではないのでなんかそれっぽくそこそこ聴き映えするくらいになっています。
声と歌い方がちぐはぐだったりして一層違和感はあると思いますがこういうのも楽しくて勉強になりました。

子音の表現方法は、入力するときに私が迷わなくて良い&見る側も分かりやすかろうという理由でボカロの発音記号に合わせました。が、母音にも数字が付いているせいで全然分かりやすくなかったです本当にすみません……

あとこれは個人的にとても感動した便利な話なんですけれど全然日本語にならなくて上手く説明できないので実践してみてなんとなく掴んで下さい……
音符を分割するときの話です。
音符の端っこを掴んで[Ctrl]+[Shift]しつつドラッグすると[R]にならずにいとも容易く音符分割できるんですよ凄い!知らなかった。
[Ctrl]しつつドラッグだと、全体の長さには影響せずに左右の音符の幅が変わります(日本語にならない)
[Shift]しつつドラッグだと、全体の長さごと音符の長さが変わります
これさえあれば音符分割も全く怖くないですし凄く時間短縮できます。是非!

追記は発音の錬成についての話です。
何をしたかについてのメモみたいなところが大きいのでちょっと読みづらいです…
スポンサーサイト
Copyright © 黒河スオウ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。